前立腺肥大症薬のザルティアの効果とは

前立腺肥大症薬としてザルティアがあります。
ザルティアがどのように作用するのかをみていきます。

まず血管平滑筋に存在する酵素PDE5の働きを阻害することで、内尿道括約筋、外尿道括約筋、前立腺平滑筋やその周辺の血管を拡張させる効果があります。

前立腺や尿道の血行をよくして、弱った機能を正常化させる作用がありますが、前立腺そのものを小さくする効果はありません。
それでもこの薬は必要です。
なぜなら前立腺肥大症は尿道を圧迫して尿道抵抗が高まり、尿の勢いが悪くなるだけではなく、膀胱機能を変化させてしまいます。
これが膀胱の血流障害や炎症を誘発します。
そのため前立腺肥大症においては尿路症状を改善することも必要になるのです。

血管の拡張は血管壁の平滑筋が収縮するか弛緩するかで決まります。
一酸化窒素によって産出されるサイクリックGMPによって血管内皮の平滑筋が弛緩し、これによって動脈が拡張します。
このcGMPを分解する酵素がPDE5です。
ザルティアはこのPDE5の働きを阻害することでcGMP濃度を上昇させ、これによって平滑筋を弛緩させるのです。

既存薬にみられる性機能障害のような副作用がほとんどないのが特徴です。
他の治療薬が副作用で使いにくいときに使われるほか、効果が不十分な場に併用することもあります。

通常は1日1回服用します。
食前でも食後でもかまいません。
副作用として一過性の視覚異常が現れることがあります。
かすんでみえる、まぶしい、青と緑の区別がつかないなどの症状が現れたときは医者に相談する必要があります。
また心臓病など心血管系に病気がある人に対しては使用できないことがあります。
狭心症や心不全の治療に使う硝酸薬、たとえばニトログリセリンを使用している人の場合、急激に血圧が下がることがあります。