前立腺肥大症の予防について

前立腺肥大症とは、通常クルミくらいの大きさの前立腺が、鶏卵・リンゴ大に肥大し、尿道を圧迫してしまいます。
症状としては、残尿感や途中で排尿が途切れたり、勢いがなくなる、夜中に何度もトイレに起きるなどがあります。
前立腺が肥大し、圧迫されるほど尿道が狭くなるため、排尿するたびに余計に力や時間が必要になり、完全に尿道が閉じてしまうと排尿することさえ困難になります。
そのため、前立腺肥大症の予防は重要になります。

前立腺肥大症の予防は、排尿困難を引き起こす因子を取り除くことがポイントになるため、日常生活に注意することが大切です。
前立腺肥大症の予防のためには、アルコールの過度の摂取を控え、唐辛子や香辛料などの刺激物を食べ過ぎないようにします。
アルコールは、前立腺を充血させるため、尿の出が悪くなります。
アルコールには、利尿作用もあるため飲んだ水分以上に尿が排泄されるため、頻尿を引き起こします。
また、適度に水分を補給し、トイレを我慢しないようにします。
尿を膀胱にためすぎることで、膀胱の筋肉が伸びきってしまい、うまく排尿できなくなることがあります。
身体を冷やさずに、ゆっくりと入浴することも大切です。
冷えは、下半身の血の巡りを悪化させ、前立腺をうっ血させるため、尿を詰まらせる原因になります。
お湯の温度は、ぬるめにし、ゆっくり入ることで自律神経の興奮をおさめることができます。
前立腺のうっ血は、便秘によっても引き起こされます。
便秘を解消させるためにも、繊維の多い食事をとるようにし、ビタミンやミネラルを多く摂るように心がけます。
他にも、長時間座っていると下半身をうっ血させてしまうため、仕事内度で長時間座る場合には、時々身体を動かすようにします。